スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m

 携帯電話ブログ
[--/--/-- --:--] FC2 Blog Ranking スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソフトバンク携帯電話加入契約業務の受け付けを再開 

週末に2日連続で携帯電話加入の契約業務を停止したソフトバンクモバイルは30日午前、受け付けを再開したと発表した。

FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m


電話番号を変えずに携帯会社を変更できる番号継続(ポータビリティー)制度の開始で、契約申し込みが殺到し、顧客情報を管理するコンピューターシステムで処理できなくなっていたが、同社は「システム対応を完了した」として、契約受け付けを再開した。ただ、抜本的なシステムの増強は今後の課題で、11月3日からの3連休を前に、不安を抱えたままの再開となった。

 ソフトバンクは、番号継続制の開始から最初の週末となった28日に、契約業務を全面停止した後、29日にいったん再開。しかし、再びシステムの処理速度が落ち、NTTドコモ、KDDI(au)の2社との切り替えができなくなっていた。

 未処理のままたまっていた契約を、29日夜間に処理すると同時に、システムを部分改良。30日が月曜日で契約申し込みが落ち着く見通しであることから、対応可能と判断し、ドコモやauの了解を得て、再開に踏み切った。

 ただ、今回のシステム改良は、全契約手続きの中で、番号継続制を利用した加入・解約の処理を優先するようシステムを組み替えた“応急措置”に過ぎない。全面的な改良ではなく、「場当たり的な対策で不安が残る」(大手通信会社幹部)との指摘が多い。

 一方、総務省は30日、2日間にわたるシステムトラブルを重くみて、ソフトバンクの担当者を呼び、原因究明と再発防止策を指示した。【工藤昭久】

 ◇「綱渡りの対応」に不安
 ソフトバンクモバイルは週明けの30日、携帯電話会社変更の申請受け付けを何とか再開した。しかし、同日が月曜日で、申請件数が週末ほど多くならない点に助けられた感が強い。「予想外」「¥0」などと派手な宣伝を展開する一方で、システム増強が間に合わず、再び手続き停止に追い込まれることになれば、深刻な顧客不信は避けられない。

 ソフトバンクでは、週末のシステム障害の前に、実は小規模ながら同様のトラブルが起きていた。ソフトバンク契約者間の通話とメールを無料にする新制度が始まった26日、関西地区で短時間のシステム障害が2回、発生していたのだ。契約希望者が殺到したため、10月に導入したばかりの新しい顧客情報管理システムの処理速度がダウンしてしまった。急きょ、販売店から顧客情報をファクスで契約登録センターに送付し、担当者がコンピューターに入力する方法を併用して26、27日は乗り切った。

 しかし、このトラブルを、全社的な対策に生かすことができなかった。関西地区の場合と同様に、何とか乗り切れるのではないかという甘い見通しだったことは否めない。

 ソフトバンクグループでは過去にも契約トラブルを起こしている。01年9月に始めたADSLサービス「ヤフーBB」では加入から開通までに数カ月かかるトラブルを起こしたほか、04年には顧客情報の流出トラブルを起こしている。相次ぐシステム障害は、ソフトバンクの信用失墜につながりかねない。【工藤昭久】(毎日新聞)

<ソフトバンク>契約業務、手さぐり再開(Yahoo!経済総合ニュース)

携帯情報
スポンサーサイト
 携帯電話ブログ
[2006/10/30 17:26] FC2 Blog Ranking 携帯情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://docomosoftbankkddi.blog72.fc2.com/tb.php/228-5e9a07f4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。