スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m

 携帯電話ブログ
[--/--/-- --:--] FC2 Blog Ranking スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソフトバンク携帯料金プランはドコモ、auと比較して本当にお得なのか?パート1 

MNP(携帯番号ポータビリティ)導入前日となる2006年10月23日の夜、ソフトバンクモバイルは新料金を発表した。それが、「通話料&メール ¥0」をうたう「予想外割(ゴールドプラン)」と、他社の料金体系を丸ごとコピーした「オレンジプラン」「ブループラン」だ。これらのプランが本当におトクなのかを検証するために、まずオレンジプランとブループランの特徴を見ていこう。

FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m


ソフトバンクの新料金プランは基本的に3種類に分かれる
まずは、ソフトバンク料金のアウトラインをしっかり押さえておこう。基本的なコースとして、以下のような3種類が用意されている。

この中で目玉となるのは「予想外割(ゴールドプラン)」で、ソフトバンク同士の音声電話が無料になるのが最大の特徴だ。また、文字メールのSMSに加えて、画像や動画が送受信できるメールサービス「MMS(S!メール)」も無料で利用できる。孫社長は「8割のユーザーがこれに加入するだろう」と発言している(筆者の想定は、後編で述べるように異なるが)。

 それに対して「ブループラン」と「オレンジプラン」は、ライバル2社の料金体系にピッタリ合わせたもので、いわばものまねプラン。月額基本料を210円だけ安くすることで、常に他社より安いことをアピールするものだ。

 ユーザーは、この3種類をどれでも自由に選べる。他社から移行するユーザーでも、新規ユーザーでも、現ソフトバンク(ボーダフォン)ユーザーでも、この3種類の中から選択可能である(10月23日ソフトバンク広報への問い合わせで確認)。

年間割引の年数を引き継げるので、今までのユーザーにも恩恵アリ
 もう1つ、ユーザーにとってうれしいニュースがある。それは、年間契約割引の年数を引き継げることだ。2007年1月15日までのキャンペーン期間中のみとなるが、既存のソフトバンク(ボーダフォン)ユーザーだけでなく、ドコモauといった他社からの移行でも加入年数を引き継げるのだ。

 これまで、番号ポータビリティでは年間契約割引の年数がリセットされるため、毎月の料金が上がると予想されていた。年間契約割引は、加入年数が長くなるほど割引率が上がるが、MNPで移行すると1年目からのスタートとなり、基本料が高くなってしまう。

しかし、2007年1月15日までのキャンペーン期間中は、他社から移行する場合でも、加入年数を引き継げる。たとえば、ドコモ4年目の人がソフトバンクへ移行しても、4年目の割引率が適用されるわけだ。

また、ゴールドプラン・オレンジプラン・ブループランの3つとも、継続割引や年間契約割引の年数の数え方が「ソフトバンク加入年数」に変わっている。今までのハッピーボーナスでは、ボーダフォンの加入年数ではなく、ハッピーボーナスという割引サービス自体の加入年数で数えていた。そのため、割引サービスを変えると、1年目からのスタートとなってしまうデメリットがあった。

 それに対し、今回の3つのプランはすべて「ソフトバンク加入年数」に変わっており、J-フォンやボーダフォン時代からの加入年数を引き継げることになる。旧スーパーボーナスで問題となっていた加入年数引継ぎのトラブルも、これでクリアになりそうだ。

 さらに、10月24日にソフトバンク広報に問い合わせたところによると、「ソフトバンク加入年数になったので、年数が増えるパターンもある」とのことだ。実例を挙げると、「J-フォン→ボーダフォンから使っている5年目のユーザーがハッピーボーナスに2年間加入していて、そこからオレンジプランに移ると、年間割引の年数が“5年目”からになる」というパターンだ。

 このように、ハッピーボーナスを使っていた時より、継続割引や年間割引などの年数が増える事態も起きるわけだ。既存ユーザーにとっては実にありがたく、旧スーパーボーナスでの混乱を解消する一手にもなっている。

なお、今までのプランも続行される見込みで、変更手続きをしなければハッピーボーナスや年間割引などの旧割引サービスもそのまま利用できる。また、年間割引やハッピーボーナスからゴールド/オレンジ/ブルーの各プランへ移行する場合には、解約手数料は発生しない。

ライバルに合わせた「オレンジプラン」と「ブループラン」
 3つある新料金のうち、わかりやすい「オレンジプラン」と「ブループラン」の料金を見てみよう。オレンジプランは、基本的にauの料金体系をそのままコピーしたもので、ブループランはNTTドコモの料金体系をコピーしたものである。

基本料の種類や通話料、割引プランの内容や条件、割引率など、ほぼすべての内容がライバルに揃えられている。なんともビックリさせられる手法で、こればかりは業界関係者も予想外の料金体系だった。

 また、他社が料金値下げやプラン変更を行った場合には、24時間以内に追随することを宣言している。鳴き声をまねるオウムのように、他社のプランにそのまま合わせますよ、という大胆な戦略である。

 ソフトバンクの発表では「他社より210円安い」としているが、これは厳密に計算すると「ほぼ同じになる」と考えたほうがよいだろう。ドコモのFOMAと比較すると、ソフトバンクのほうが「Y!ケータイ基本料」(ドコモのiモード付加機能使用料に相当)が105円安い。また、ソフトバンクはオンライン請求書が基本で、郵送にすると105円高くなる。ドコモは、eビリング(オンライン請求書)にすれば105円安くなるので、結局は同じレベルになる。auでも、オプションの選び方によってはソフトバンクとほぼ変わらない料金になる場合もある。変わったとしても100円程度なので「基本的には同じ料金」と考えたほうが無難だろう。

他社の値下げ攻勢にソフトバンクが追随できないこともある?
 ただし、この宣言が実行できるかどうかは微妙に思える。というのは、他社がソフトバンクに合わせて「同一キャリア通話料無料」や「通話料定額」を実施したらどうなるのか?という問題があるからだ。

このあとで詳しく述べる「予想外割=ゴールドプラン」は、ソフトバンク同士の音声通話無料が最大の特徴であるが、実はこの特徴を抜いてしまうと、とても割高な料金設定となっている。もし、他社が音声通話定額制を導入すると、宣言通りならオレンジ・ブルーでもソフトバンク同士の通話料を定額か無料にすることになるが、それではゴールドプランの優位性が薄れてしまう。結果として、ゴールドプランの加入者が減ることが予想される。これでは、新料金体制を投入したメリットがなくなるだろう。他社が音声通話定額か無料を導入した場合には、オレンジ・ブルーでの追随はやりにくいはずだ。

当初は混乱は必至か。移行前に情報を確かめよう
 孫社長は会見の中で「この料金は数人の幹部で決めたもので、当社スタッフもギリギリまで知らなかった。ショップへの説明(決起大会)も、発表会と同じ時間に行っている」と発言していた。つまり、インターネットで中継された時間と、ショップのスタッフが新料金の内容を知った時間は、ともに同じ23日夜だったことになる。

 携帯番号ポータビリティ施行前日の慌ただしい中だけに、ショップのスタッフもかなりの悲鳴を上げているだろう。この8月から10月にかけて、旧スーパーボーナスで混乱があっただけに、今回の新料金でさらに混乱することも予想される。

 また、ドコモとauの料金体系を丸ごとコピーする形で投入するとなると、料金計算システムを構築するだけでも大変な苦労となる。まったく別の料金システムをゼロから作ることになるので、多少の混乱は避けられないだろう。ユーザーにとっては迷惑な話ではあるが、まったく新しい試みだけにやむをえない部分もある。

 ソフトバンクは、ADSLサービス「Yahoo! BB」のスタート時も、ユーザー管理やサポートで大きな問題を起こした。しかし、今日ではそのミスを取り戻して、ADSLのトップシェアを握るまでに成長している。今回の混乱も、今後成長するためのワンステップになることを望みたい。(三上 洋)

ソフトバンク新料金プランは本当におトク? 3キャリアの料金を徹底検証!(【前編】:ITproより引用)

携帯番号ポータビリティ
スポンサーサイト
 携帯電話ブログ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://docomosoftbankkddi.blog72.fc2.com/tb.php/257-b0602c2d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。