スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m

 携帯電話ブログ
[--/--/-- --:--] FC2 Blog Ranking スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソフトバンク携帯料金プランはドコモ、auと比較して本当にお得なのか?パート2  

2006年10月23日夜に発表されたソフトバンクの新料金では、「予想外割」こと「ゴールドプラン」が大きな注目を集めている。「通話料&メール ¥0」をうたっているが、実際の利用シーンで本当に安くなるのか、緊急シミュレーションを行った。通話料やメール無料をアピールしているが、他社あての通話料金の高さがネックになりそうだ。

FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m


ソフトバンク同士は通話料無料!”に潜むワナとは!?
 業界関係者の多くは、同一キャリア間の通話料を引き下げるサービスが登場するだろうと予測していた。しかし、定額料なしで一気に音声通話を無料にするとは、さすがに誰も考えていなかっただろう。まさに予想外の料金体系である。

 ただし、ソフトバンク同士の音声通話無料には条件があって、もっとも通話が多くなると予想される21時から翌0時台の時間帯は制限があるのだ。この時間帯の請求月内の累計通話時間が200分を超えた場合、30秒ごとに21円の通話料金が発生する。そのため、夜の時間帯にあまり話しすぎると、たとえソフトバンク同士の通話でも通話料が発生するので注意したい。

2007年1月15日までの加入期間限定ながら、基本料が月2880円!
 ゴールドプランの公式な基本料は月額9600円だが、2007年1月15日までの期間限定で、月額2880円に設定されている。1月15日までにゴールドプランに加入すれば、プランが続く限り半永久的に月額2880円の基本料で利用できるわけだ。ウィルコム同士が通話料無料の「ウィルコム定額プラン」を意識した料金設定といえる。1月16日以降については未定で、他社の動向などによって変わることになるという。

ゴールドプランには継続割と家族割があり、どちらも加入年数が長くなるほど割引率がアップする仕組みだ。1月15日までの限定料金である2880円は、最高の11年目の割引率と同じ。ただし、最初から70%引きとなると、定価はあってないようなものだから、割引率で他社と比較するのは無意味だろう。定価や割引率のことは考えずに「1月15日までの加入なら、月額基本料2880円」とだけ覚えておけばよい。

 なお、ゴールドプランは3G専用で、以前のスーパーメールやロングメール機などは従来のプランを継続するか、オレンジプランかブループランを選ぶことになる。

他社ケータイあての通話料は割高……
 いいことずくめのゴールドプランだが、何事にも表と裏がある。一部を無料にするからには、何かを値上げして収支を合わせなくては商売にならないからだ。その一つが、他社あて通話料の引き上げである。

 ゴールドプランでは、ソフトバンク同士の通話は無料だが、それに相対するように他社携帯・PHS・固定電話あての通話料が割高に設定されている。

パッと見てもわかる通り、ゴールドプランにおける他社や固定回線あての通話料金は、他社の通話料金よりも高く感じる。たとえば、平日昼間(8時~16時)で比べると、ゴールドプランは「28円/30秒」なのに対し、auのタイプSS(WINで最も通話料が高いプラン)は「21円/30秒」と、ゴールドプランの方が高い。auで最も通話料の高いプランSSと比べているのに、ゴールドプランはさらに25%も高いことになる。

 ゴールドプランは、時間帯や曜日によって料金が細かく決まっており、最も安い時間帯なら15円/30秒となる。ただし、これはケータイをあまり使わない深夜2時から朝の7時台の時間帯であり、比較の対象とはならない。需要の中心となる昼・夕方ではいずれも他社より高く、夜間になってようやく他社の最も高いプランと並ぶ程度。ハッキリいって、ゴールドプランの他社・固定電話あての通話料は割高だ。

無料通話分ゼロも大きく影響してくる
 また、ゴールドプランには無料通話が一切ないことも問題となる。無料通話とは「通話料を前払いすることで単価を安くするサービス」のこと。だから、無料通話がないことは決してデメリットではない。無料通話なしで基本料が安ければ、総額で安くなるからだ。しかし、ゴールドプランは他社あての通話料が高めに設定されているため、無料通話がないことがモロに支払料金に影響してくるのだ。

家族ありだと、ゴールドプランはやや損になる?
 筆者のシミュレーションをまとめたのが下のグラフだ。上と同じ条件で計算したところ、NTTドコモの単身者・いちねん割引1年目とほぼ並行する価格となった。それに対して、auの単身者・MY割1年目と比較すると、ゴールドプランは高くなっている。

今回のシミュレーションの条件は、ソフトバンクにやや有利なものに設定している。2007年1月15日までのキャンペーン料金での基本料で計算しているため、発表されている通常価格では、これよりも大幅に高くなることは間違いない。

 また、比較対象の他社を「単身者・契約1年目」という条件の悪いものに設定しており、これを「家族割引あり・契約5年目」などに変えると、他社のほうがずっと安くなる。ゴールドプランのキャンペーン価格(2880円)は何年契約していようが変わらないし、家族あり・なしも一切関係ないからだ。

 契約年数が長く、さらに家族割引に加入できる人は、ゴールドプランではなくオレンジプランやブループランを選んだほうが無難だろう。そう考えると、孫社長の「ユーザーの8割はゴールドプラン」という想定は崩れるかもしれない。筆者は、ゴールドプランへの加入者は半分程度になるのではないかと想像している。

ゴールドプランがお得になるシーンは?
 もちろん、ゴールドプランが安くなる利用シーンもある。たとえば、他社には一切電話せず、相手はソフトバンクのみという人なら、間違いなくゴールドプランは安い。通話料はゼロで、月額2880円のみで済むからだ。恋人同士で使うなら最適だし、法人向けとしてもコスト削減効果があるだろう。

 ただし、実際問題としてソフトバンクの現在のシェアを考えると、他社あての通話がゼロという状況は考えにくい。今までのシミュレーションを見る限りではあるが、他社あての通話が多い場合はゴールドプランよりも、オレンジプランやブループランにした方がよいと考えられる。

 なお、今回の計算では、auやNTTドコモの料金は「最も安く最適なプラン」を選んだことを前提としている。実際には、最適なプランを選ぶことが難しいため、auドコモはこれより高くなる場合も多い。そのため、あくまで参考程度として見てほしい。

パケット代は若干値上げされ、家族割引のメリットが縮小
 パケット料金では、ゴールドプラン向けに「パケットし放題」が登場している。今までの「デュアルパケット定額」に替わるものだが、残念ながら若干の値上げになった。パケット単価が0.0525円から0.084円に上がり、さらに定額料も下限は21円安いものの、上限が315円値上げされている。内容的には、auの「ダブル定額ライト」とほぼ同じと考えてよいだろう。

また、ゴールドプランでは家族割引のメリットが小さくなっている。ゴールドプランの家族割引の割引率は、単身で加入する場合の継続割引とまったく同じ。家族間のメール(MMSなど)が無料で、TVコールが半額などの特典はあるものの、月額基本料は単身者と同じことを覚えておきたい。

 もう一つ、ゴールドプランでは「新スーパーボーナス」なるものに加入することが必須となっている。今までのスーパーボーナスのローン払いの仕組みだけを残すものかと思われるが、詳細はまだ発表されていない。新スーパーボーナスの内容次第では、このシミュレーションの結果が大きく変わることもあるかもしれない。

「メール無料」になるのは、ごく一部の条件のみ……
 予想外割の発表は10月23日だったが、翌日になって「メール無料」と「オプションの組み合わせ」について変更リリースを出すなど、サービス内容の報道で混乱が起きている。ここで、この問題を簡単にまとめておきたい。

予想外割によってメールが無料になるというハデな宣伝文句の割には地味な料金改定なのがわかる。無料になるのは「文字メッセージであるSMSの送信」と「ソフトバンクあてに携帯電話番号で送信するMMS」の2つだけだ。SMSの受信はボーダフォン時代から無料だし、MMSもソフトバンク電話番号からの受信は無料だった。予想外割で新たに無料になるのは、これらの送信料金だけとなる。

 他社ケータイやパソコンとのメール送受信は、ゴールドプランでも従来通りの料金がかかる。また、ソフトバンク同士であっても、宛先の指定を「xxx@xxx.xx」のようなメールアドレスにすると送受信料金が発生する。無料にするためには、メールアドレスではなく、電話番号を入力して送信しなければならないので注意したい。

※ソフトバンクは10月26日、「『ゴールドプラン』におけるソフトバンク携帯電話同士であれば、電話番号を宛先としたメールに加えて、『・・・@softbank.ne.jp』『・・・@x.vodafone.ne.jp』のアドレスを使ったメールの送信・読出料も10月26日よりすべて0円といたします」と追加発表しました。

 もう一つ、オプションの問題もまとめておこう。当初、ゴールドプランの契約には、基本料(2880円)に加えて「パケットし放題(月額1029~4410円)」「スーパー安心パック(月額498円)」「スーパー便利パック(月額498円)」が必須といわれていた。合計すると5000円以上になるため、一部で批判の声が上がっていた。

 これについては、発表会翌日の24日にリリースで補足説明が出され、「必須ではなく、無料期間終了後に解約できる」と広報が発表している。オプションの解約手続きが必要にはなるが、不要なオプションなしの料金(月額2880円)にすることは可能だ。

他社の追随で、MNPがようやく活性化する?
 繰り返しになるが、ここまでのシミュレーションは筆者独自の設定によるもので、すべての条件を含んだものではない。あくまでも一例であって、実際の支払い料金とは異なることもあるのでご承知願いたい。

 注目のゴールドプランは、他社あての通話料金が高いものの、ソフトバンク同士は無料、SMSも無料といったメリットがある。また、1月15日までのキャンペーン期間中限定ながら、ゴールド・オレンジ・ブルーのすべてのプランで、他社での加入年数を引き継げるようにしたのはソフトバンクだけの快挙だ。番号ポータビリティでの競争を考えると、他社もキャンペーンとして「加入年数引継ぎ」を発表する可能性は高い。

 ソフトバンクの思い切った新料金体制によって、3社とも加入年数引継ぎができるようになれば、移行後に料金が上がる心配がなくなる。そうすれば、MNPで他社に気軽に移行できるので、全ケータイユーザーにとって福音となるだろう。

ソフトバンク新料金プランは本当におトク? 3キャリアの料金を徹底検証!【後編】(【後編】:ITproより引用)

ソフトバンク携帯料金プランはドコモ、auと比較して本当にお得なのか?パート1

携帯番号ポータビリティ
スポンサーサイト
 携帯電話ブログ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://docomosoftbankkddi.blog72.fc2.com/tb.php/258-52339e34








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。