スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m

 携帯電話ブログ
[--/--/-- --:--] FC2 Blog Ranking スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

au携帯基本料大幅ダウン「家族割引」 

auの「家族割」はドコモの「ファミリー割引」と何が違う?
au家族割引サービス「家族割」は、NTTドコモの「ファミリー割引」に比較的近い内容となっている。2回線以上10回線までの家族でauの携帯電話を契約すれば適用となり、基本料金が25%割引となる。さらに「年割」と合わせて契約すれば、初年度から36.5%、10年超で最大50%割引となる。初年度の割引率はNTTドコモより若干高いが、長期的に見るとほぼ同じである。

FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m


 通話やメールに関しては、ファミリー割引と少々異なっている。対象者同士の通話料は30%引きとなるが、さらに最大3人の相手の通話料を割引するサービス「指定割」に家族割の対象者を指定すれば60%割引になる。なお対象者同士のメールに関しては、Cメールのやり取りのみが無料となっており、Eメールは無料とならない。そのため、「ダブル定額」などのパケット定額サービスを利用していない人は要注意だ。

 また、ファミリー割引の「自宅の固定電話への通話割引」は、「au→自宅割」を使えばいい。これは指定した自宅の固定電話への通話を半額にするというものだが、回線がKDDI系のもの(「メタルプラス」や「ひかり電話」、マイラインでKDDIに3区分以上登録した回線など)であることが条件となる。登録前に固定電話の回線がどうなっているか、確認しておく必要があるだろう。

 ただ、無料通話分の扱いについては気を付けよう。家族割を契約した場合、無料通話分を家族内で分け合えるが、繰り越しができない「家族分け合いコース」か、家族で分け合うことはできないが、無期限で繰り越せる「くりこしコース」のいずれかを選ぶ必要がある。こちらも詳しくは後日説明するが、どちらも一長一短があるため、家族内での使い方をよく考えて契約することをお勧めする。

 ちなみに「家族割」の適用範囲はNTTドコモより広く、基本的に血縁関係などが証明できればOK。ただし戸籍謄本など必要書類を提出する必要があるので、あらかじめ用意しておくことを忘れないように。

一人でも受けられる家族割引?それがauの「MY割
auは、「家族は他社のケータイを使ってるけど、自分はどうしてもauが使いたい!」という人向けに、一人でも家族割と同等の割引を受けられる「MY割」というサービスを提供している。これは長期割引サービスの一つで、基本料が「年割」+「家族割」の割引率となり、初年度から36.5%、最大50%の割引を受けることができるというものだ。もちろん一人で利用するサービスのため、通話料やメールの割引などはない。

 ただし、MY割は2年間の長期割引サービスであり、申し出がない限り自動更新されてしまう。そのため、2年後の契約月以外に解約しようとすると、9975円とかなり割高な解除料がかかってしまうので注意が必要だ。とはいえ、MY割を契約していても家族割の対象には含まれるため、「家族の一人がauに変えた」「結婚した配偶者がauだった」という場合はMY割を継続しながら家族割のサービスも受けることができ、MY割の契約が終了した後は自動的に家族割へと移行される。あわててMY割を解除する必要はないので安心してほしい。

基本料大幅ダウンのカギ、「家族割引」について考えてみよう(デジタルARENA)

携帯情報
スポンサーサイト
 携帯電話ブログ
[2006/11/08 22:09] FC2 Blog Ranking 携帯情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://docomosoftbankkddi.blog72.fc2.com/tb.php/260-dfd65949








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。