スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m

 携帯電話ブログ
[--/--/-- --:--] FC2 Blog Ranking スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソフトバンクが携帯電話事業で売り上げ倍増 

ソフトバンクが8日発表した2006年9月中間連結決算は、英ボーダフォン日本法人を買収し、5月から携帯電話事業が加わったことで、売上高が前年同期比2・1倍の1兆1201億円、営業利益も25・6倍の1125億円に急増した。最終利益は144億円となり、前年同期の41億円の赤字から黒字転換した。

FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m


 5カ月分だけの携帯事業が売上高で5818億円、営業利益でも566億円に上り、全体の半分以上を占めている。

 ソフトバンクは、ブロードバンド(高速大容量)通信や傘下のヤフーを中心としたネット企業から、携帯を柱とする企業へと変貌(へんぼう)。携帯事業の動向が、同社の行方を大きく左右することになった。

 「まずは順調なスタート。顧客が激減するとの予想もあったが、顧客流出は当初の予想よりも低く抑えられた」

 同日記者会見した孫正義社長は、10月24日から始まった番号ポータビリティ(番号継続制度)について、こう語った。

 10月末時点での契約数は1533万件で、2万3900件の顧客が流出したが、新規加入の増加などもあり、トータルでは2万3800件の純増だった。ただ、システム障害による契約変更の受け付け停止に加え、新料金プランの「0円」広告が物議をかもし、消費者の不信を招いており、先行きは予断を許さない状況だ。

 また、携帯買収により、有利子負債残高は3月末の4546億円から一気に2兆491億円にまで急増した。孫社長は、「十分に稼げており、返済は順調に行える」と、強気の姿勢を崩していない。

 だが、負債が重荷となり、番号継続制度でも打ち出した“価格破壊路線”を続けられなくなる懸念もある。利益を確保しながら、どうシェアを拡大していくのか。孫社長は困難なかじ取りを迫られそうだ。(青山博美)(フジサンケイ ビジネスアイ)

ソフトバンク売り上げ倍増 携帯事業が牽引(Yahoo!経済総合ニュース)

携帯情報
スポンサーサイト
 携帯電話ブログ
[2006/11/09 21:20] FC2 Blog Ranking 携帯情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://docomosoftbankkddi.blog72.fc2.com/tb.php/262-50d89a6e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。