スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m

 携帯電話ブログ
[--/--/-- --:--] FC2 Blog Ranking スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドコモ au ソフトバンクの携帯パケット料金割引について考える パート1 

基本料や通話料も大事だけど、ケータイ料金の節約にかなり大きな影響を与えるのが「パケット料金」だ。少し前まではパケットを使うのはメールかブラウザくらい。画像付きメールは少し高いという程度のものだった。しかし、最近は大容量のコンテンツが急増している。アプリも魅力的な大作が多く、着信音も着メロから着うた、着うたフルと高音質になってきた。もはや最新のサービスを存分に使いたかったら、“パケ代”を無視することはできないのだ。通信速度も高速になっており、気を抜いたらあっという間に「パケ死」に陥ってしまう。

FC2 Blog Ranking←あなたの一票お待ちしておりますm(_ _)m


 パケット料金を安くするのにまず着目すべきは、「パケット定額サービス」と「パケット割引サービス」の2種類だ。パケット定額は月額4000円程度で、端末のパケット通信が使い放題になるもの。またパケット割引は、どんなパケット通信でも最大13分の1程度の料金になるもの。どちらも、使うのと使わないのとでは大違いのサービスだ。携帯電話会社によって、定額になる対象や料金体系が少しずつ違うので、きちんと調べて賢く使うことが大切だ。

■こんなに高いの?パケ割を使わない場合の料金

 まず何の割引サービスを受けない場合、このパケ代がどれくらいになるか見てみよう。FOMAやauのWIN、SoftBank 3Gの基本的なパケット通信料は1パケット0.21円。1パケットは128バイトで、8パケットで1KB。1MBなら約8000パケットだ。従って1MBの通信なら8000×0.21=1680円ということになる。ちなみにFOMAの場合は、月の利用料に応じてパケ代が下がるのだが、分かりやすくするため、ここでは考慮しないことにする。

 この料金でいろいろなサービスの通信料を計算してみよう。まずはほとんどだれもが使うであろうメール。日本語なら1文字打つと2バイト、1000文字打ってようやく2KBの計算になる。実際はヘッダーなどが入るので、データ量はもう少し大きくなるが、ここでは1通2KBで計算する。1日10通送受信すると1カ月で約600KB。だいたい1000円くらいだ。写真付きメールの場合は1通10KB程度。例えばブログに1日3回程度メールで投稿すると、月約100通で1500円程度だ。実はメールだけなら、かなり使ってもそれほど大した金額にはならない。

 それでは、最近のコンテンツについて考えてみよう。大容量でゲームを楽しめるNTTドコモの「メガiアプリ」。文字通り容量が最大1MBのアプリで、パケット料金も最大1680円になる。つまり、ゲーム自体の料金より高くついてしまうのだ。

 着うたフルも高音質、長時間が魅力だがサイズも大きく、ドコモの場合は最大1曲5MB。普通に計算すれば8400円にもなってしまう。実際はドコモではたくさん利用すると割引されるのだが、それでも5000円を超えてしまう。このようなコンテンツの利用は、パケット割引やパケット定額を前提としていると言っても過言ではない。携帯電話番号ポータビリティ(MNP)で乗り換え、最新のコンテンツも使ってみたいというユーザーは、まずパケット定額を契約しよう。

パケット割引についてこれだけは知っておこう

 続いてパケット割引の全容を見ていこう。パケット定額サービスとは、端末上でのほとんどのパケット通信が無料になるというサービス。定額料は最大4000円程度になっている。定額の対象には、メールや携帯用のWebはもちろん、Web上のコンテンツのダウンロード、オンラインゲームやナビなどのアプリを使った通信も含まれる。ただしパソコンをつないだ通信は対象外だ。

 一方、パケット割引サービスは、すべてのパケット通信が標準の0.21円より割安になるサービス。NTTドコモとソフトバンクが提供しており、定額料がかかるがそれを無料通信分として使えるのがポイント。パソコンを使った通信も割引になる。

 auとソフトバンクのパケット定額サービスは、1000円程度から始まってパケットの量に応じて定額料が変わる二段階の料金体系となっている。使わない月は1000円で、よく使う月は4000円と、定額サービスと割引サービスのいいとこ取りをしたような料金体系になっている。既にメールやWeb閲覧などをどんどん利用しているユーザーにはおなじみの料金体系だろう。

ケータイ機能満喫のカギを握る 「パケット割引」について真剣に考えよう!(デジタルARENA)

ドコモ au ソフトバンクの携帯パケット料金割引について考える パート2 NTTドコモ編 パート2

ドコモ au ソフトバンクの携帯パケット料金割引について考える パート3 au編

ドコモ au ソフトバンクの携帯パケット料金割引について考える パート4 ソフトバンク編

携帯情報
スポンサーサイト
 携帯電話ブログ
[2006/11/16 14:25] FC2 Blog Ranking 携帯情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://docomosoftbankkddi.blog72.fc2.com/tb.php/265-a470358b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。